婚活がうまくいかない時に30代女性にありがちな失敗パターン12個

30代に差し掛かると婚活がうまくいかずに、結構焦り始めている独身女性をよく見かけます。

近年では、晩婚化していることもあって30代で独身なんて女性の間でも結構普通なことになってきてはいるものの、内心周囲の女性たちも幸せな結婚生活を送っていると結婚願望の強い女性にとって

やはり焦りは隠せないものです。

中には、焦りすぎて順調に進んでいた婚活だったのになんだか疲れちゃって、もう少し頑張れば良い男性にめぐり会えたかもしれないのに、志半ばで諦めてしまう女性も結構いるんです。

今回は、30代女性におくたい内容なのですがせっかく頑張っている婚活なのになかなかうまくいかない時もあるはずです。そんな時にちょっと自分を見つめ直して欲しい

30代女性が婚活でうまくいかない時にありがちな失敗パターン12個

をご紹介してみたいと思います。

最近、婚活パーティーや結婚相談所に積極的に参加しているのに行けば行くほどうまくいかなくなってきてる!!本当どうしよう!!

そんな時に、見返してみてくださいね!!

婚活がうまくいかない時にやりがちな失敗パターン12個

では、30代女性にありがちな婚活がうまくいかない失敗要因をご紹介していきたいと思います。

思わずハッ!!そうだったの!?

としてしまう方もいらっしゃるかもしません。実は私もこの中に当てはまる部分がありましたし、実際に解決して結婚することができました。

ぜひ、参考にして頂いてもし、気づきがあるようでしたら一度冷静なって自分自身を見つめ直してみてくださいね!!

婚活の活動場所が間違っている

婚活の活動の場として主にネット婚活、婚活パーティー、街コン、シングルスバー、お見合い斡旋所、結婚相談所があります。いずれも後者に行くほど料金も高額になり、結婚意識が高い人が集まるので結婚できる確率(成婚率)が高まります。

気軽に利用できる婚活の場ほど参加はしやすいですし、楽しいので参加する人も多いのですが結婚意識がそもそもない遊び目的の人(チャラい人)が多いので、結婚意識が非常に高い人や、1年以内には結婚したいなどお考えの場合にはネット婚活や婚活パーティーなど大箱系のざっくりした雰囲気の婚活には向きません。

活動場所を間違えると、結婚に対しての熱意の違いで食い違いが起こるのでうまくいかないことが多いです。

まだ友達や会社の同僚と活動している

結婚したいのに、友達や同僚と一緒にしか婚活できない方。

自分に自信がないアラサー女性に特に多いのですが、出会いの場に行くのが一人だと怖いから、戸惑ったりした時に友達がいたら安心だから。などお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

でもそれはもう、30代の大人の女性が考えることではなくて、20代女性の考えることです。初めて婚活パーティーに参加するなど未経験の場合は友達と一緒に行っても良いと思いますが、後々婚活することに慣れてくれば一人で活動しましょう。

仲人タイプの結婚相談所なら、一人での申し込みが条件になりますがアドバイザーがついてくれますので安心ですし、意識が高いお見合いができるんです。

男性の希望条件に高望みしすぎている

年収は○○万円以上じゃないと結婚後の生活にゆとりがない!!容姿が良くないとセックスレスになりそう!!細かい性格の人はやっぱり嫌だなあ…、年下は3歳下までなら良いかな、年上は2歳までかな。

など、婚活の場では男性の希望条件があります。結婚相談所などは学歴や、職業の業種など非常にこと細かに知ることができます。

確かに、結婚生活にはある程度女性との相性は必要ですが、あまり厳しい希望条件を決めているとうまくいく婚活もうまくいかなくなってしまいます。理想通りの男性なんてそうそういてるものではありません。

極端な話、非常にモテる女性でも理想通りの男性とお付き合い、もしくは結婚している訳ではないと思います。だからこそ婚活をすることで男性ってどんな生き物なのかを良く知り、自分にとって相性の良い男性とはどんな人なのか?

探してみるのも良いかもしれないですね。

出会いの場で、やせ我慢している

本当は結婚に焦っているのに、媚びてない女性を演じる。本当によくあるパターンです。

婚活の場では多少なりとも出会いに積極的になることで婚活がうまくいきます。だからこそ”私は男に媚びてないのよ”的な発言や、行動は控えた方が良いです。

結婚相談所や婚活パーティーに来る人は誰もが出会いが欲しい人ですし、何も恥ずかしいことなんてないんです。逆に強がっていると鋭い男性なら、内心では焦っていることを見抜いて来ますので正直になって婚活を頑張るほうがうまくいきます。

食わず嫌い状態になっている

男性のプロフィールやお見合い写真を見るだけで”あ、この人ダメだわ”って予測で決めつけてしまっている人。とりあえずはアプローチしてくれる男性がいるなら、真面目に向き合ってみましょう。

生理的に無理とか、どうしても無理な男性はいるかと思いますがなんとなくダメということで出会いを見送っていてはせっかくの婚活も無意味なものになってしまいます。

婚活は日常では出会えない、男女の相性の意外性や今まで気づかなかった私を発見することが大切ですから雰囲気や気分で決めてしまわずに一つ一つの出会いを大切にしながら婚活を進めましょう。

自暴自棄・やけくそになっている

私なんてどうせモテないし!!一生結婚なんてできないし!!

出会うたびにフラれるのは目に見えてるし、誰も私のことなんて気にかけてくれない!!

婚活がうまくいかない期間が長ければ長いほど、焦りを感じやすい30代女性は気持ちもナイーブになることが多いので婚活することに疲れてしまって、自暴自棄になったり、やけくそで婚活をしている場合があります。

婚活って持久戦なんですよね。根気よく出会ってみて一人づつ真剣にお見合いをしてみる。やけくそになっていては相手の男性もやる気のなさが伝わりますし、あまり印象の良いものではないので素直になって、婚活を進めることが大切です。

ファッションや美容に男受けを一切考えない

モテない女性は男受けを考えない、知らないことがほとんど。これって実は本当の話です。

男性は女性と違って新しい出会いには第一印象から入ります。どんな男性でもです。見かけが自分の好みのタイプではない。好みのファッションではない。髪型がタイプじゃない。

男性は非常に重要視しています。自分好みのファッションにこだわる、個性的なスタイルが好きなど色々とこだわりがある女性は魅力的ですし、同性から見ると素敵ですが、婚活においては逆効果です。

無理をしろとは言いませんが、男性受けの良い服装や、ヘアースタイルを取り入れてみて婚活するのも一種の攻略法です。

一人の男性に絞れない

婚活パーティーや結婚相談所に入会すると、新しい出会いのチャンスが飛躍的に増えます。極端な話今まで彼氏がいなかった人が毎月3人もの男性とお見合いをして相性が良かったらデートすることになるんです。

それくらい出会いのチャンスは増えます。

そこで注意したいのが、恋愛経験が少ない人ほどにありがちなのですが出会いが増える=私はモテると勘違いしてしまうことです。

”私ってこんなにモテたんだ!!もっと条件の良い男性と付き合えるかもしれない!!”と内心思ってしまってなかなか一人の男性に絞りきれなくなってくる場合があります。

そうなると、なかなか自分自信の欲を抑えきれなくなってくるので、最終目標に何十年も一緒に結婚生活をおくれる相性の良い男性を探していることを忘れないでください。

男性を信じられなくなっている

婚活の場を間違えている女性に多いのですが、合コンや婚活パーティー、街コンで婚活をされている場合、正直なところ結婚を意識している男性なんてごく一部です。

女友達を作りたいか、よくてもお付き合いがしたい恋人を探している人がほとんどだと思います。やはりそんな中、婚活女性の大敵ともいえる”ヤリ目的”のチャラい男性もいるんです。

お付き合いしてみたものの、結婚願望のない相手だったとか、遊び人の彼氏で浮気されまくったとかよくある話ですし、男性不信になってしまうのも仕方ないです。

できれば初めから結婚相談所や、お見合い斡旋所など結婚を念頭に置いたサービスを利用された方が良かったのかもしれません。

世間体を気にしている

実家暮らしで、30歳すぎてまだ親と同居しているのは女性にとって結構苦痛。ご近所様の目線も気になって、ご両親からも早く結婚しなさい。だれか良い人はいないの?の心にグサっと刺さる一言も。

私自身はまだ一人でも良いんだけど、周りの声や未婚でいることの辛さに耐えかねて婚活を始める人もアラサー女性の中では少なくないですよね。

実は結婚したくない

実は具体的に結婚を意識したこともないし、まだまだやりたいこともあるし、仕事も頑張りたい!!

本来は自立心が強い女性の中にも婚活を始める方は多いです。30歳をすぎると周囲が結婚しますし、子育てなど話題自体が全然変わってしまうことも多く、自分だけが違う世界に行ってしまったかのような違和感を感じて婚活を始める独身女性も結構多いです。

結婚は勢いはノリでうまくいくものではありませんから、考え直すか結婚相談所のプロのアドバイザーにカウンセリングの相談に乗ってもらいましょう。

婚活をうまくいくように流れを変える方法

婚活は頑張ってもスムーズにうまくいくものではありません。

時には休憩してみることも大切ですし、今までの活動を見直してやり方を変えてみる必要もあります。婚活がうまくいかない場合は、何らかの要因が必ずありますのでまずは自分自身を振り返ってみましょう。

疲れたら婚活を完全に忘れて休憩する

なんだか婚活って頑張ってもうまくいかないな…。なんだか疲れてきちゃった。

結婚ってここまでしないとダメなのかな。って、ちょっと疲れちゃってる方は一度婚活を全て忘れて休憩してみましょう。もちろん1年など長期的なスパンではなくて、1ヶ月だけ別のことをしてみるなど短期的な休憩です。

婚活で疲れ切った頭を一度リフレッシュすることでまた新たな気持ちで婚活するとうまくいきやすいです。

卑屈にならない、とにかく前向きに初心を忘れない

卑屈になったり、面倒くさそうに活動していると、男性にその気持ちが伝わってしまって逃げられる原因にもなり結局失敗してしまいます。

まず、婚活は焦らないことが大切。前向きにじっくりマイペースを保って活動しましょう。

ゆっくりでも諦めないこと

30代の婚活は諦めてやめてしまうのが一番よくないです。日常生活での出会いはあまり期待できないという思いがある場合は特に、無理しない程度でも良いので諦めずに婚活を続けることが大切です。

また、逆に諦めずに続けることで見えてくるものもあるので、婚活のやり方さえ間違えなければ必ず結果がついてくることを信じましょう。

第3者のサポートを受ける

じゃあ、間違った婚活をしない方法ってなんなの?

というと、自分だけでの婚活ではうまくいかないことが多いので結婚相談所のアドバイザーや仲人さんなどプロの方のアドバイスをもらいながら進めるのが結婚への一番の近道です。

30代になって結婚適齢期を逃さない為にも、第3者による的確なアドバイスはとても重要になってきます。

 

▼▼評判の良いアドバイザーを探すなら▼▼
30代女性におすすめの仲人型結婚相談所を探すならこちら