婚活パーティーでうまくいかない私が1年後に結婚できた理由

私は、26歳のときに初めて友達と婚活パーティーに参加してから約2年の間に10回ほど婚活パーティーに参加しました。

そのうち何度かアプローチカードを渡した男性とカップル成立しましたが、その後は何度か食事にはいくものの、結局うまくいかないことばかりでした。

実際に私が婚活パーティーに参加してみてうまくいかなかった原因や感想をご紹介してみたいと思います。

ゼクシィ縁結びカウンター

とりあえず気軽に出会いを探している人が多い

婚活パーティーのコンセプトとして気軽に友達探しのようなスタイルの会場が多いです。

友達同士で参加して気軽に出会えるメリットがある反面、本気で恋人を作りたい!結婚相手を探したい!という人は案外少ないです。

女性の場合はそうでもないかもしれませんが、男性の場合は結婚に対する意識が低い人が多く、気の合う相手が見つかって、付き合ってみてから考えれば良いか…という考えの人が多いです。

ショッピングついでに遊びできている人が、出会いに真剣なわけがない

私の場合は、婚活パーティーの楽しさなんて別にどうでもよくて、将来結婚を考えられるような彼氏を作るために参加していました。

割りと結婚に焦りを感じていたので、婚活パーティーの雰囲気とは合わなかったのかもしれません。

婚活パーティーにきている人たちは、友達とお出かけついでに参加したり、ショッピングを楽しむだ後、時間が余ったので参加してみたという人もたくさんいます。

こういう場合に今すぐ結婚相手を見つけたい!と思う人なんていないですよね。

 

20代~30代前半の参加者が大半

婚活パーティーは婚活イベントのなかでも年齢層が低めで、結婚適齢期前の人が多いです。

そのため結婚観ができていない人も多いですし、恋人と楽しくデートがしたい!とか彼氏や彼女を作って色々なところに遊びにいきたい!などカジュアルな出会いを探している人が集まりやすいです。

結婚相談所や、仲人紹介所と比較するととても安い価格で、気軽に参加できるのは婚活パーティーの大きなメリットです。

冷やかし・チャラい遊び目的の人もいるので注意!

20代といえば、女性の場合は後半にもなると結婚を考えはじめますが、男性の場合は20代まだまだ遊び盛りですし、結婚を意識している人は少ないと思います。

どちらかというと遊び相手がほしい、異性の友達を増やしたいという人が多いと思います。

もちろん、婚活パーティーがきっかけで付き合って1年~2年の交際を経て結婚するカップルもたくさんいますが、遊び目的のチャラ男くんが多くろくな人がいないという口コミもあり婚活女子にはデメリットになります。

 

参加人数が多くて、何回も参加できるので決めきれない

婚活パーティーは一度にたくさんの男女が集まります。

出会いのチャンスが多い場所にいくと、どうしてもより良い相手を探してしまって決めきれなくなってしまったり、何回も参加して、たくさんの異性と出会うことで付き合いたい恋人像がよく分からなくなってしまうことがあります

ハイステータスな彼氏・彼女と付き合っても幸せとは限らない

婚活パーティーにも男性年収500万円以上限定とか、公務員限定パーティーとか、一部上場企業勤務限定とか、ハイクラス・ハイステータスな企画があります。

もちろん結婚を考えているなら、相手に収入面や社会的地位を求めるのは当然のことですが、お付き合いする人は、好きになること・お互いに波長があること、一緒に楽しく毎日をおくれることが前提です。

婚活パーティーが気軽に参加できる反面、2回、3回目と婚活パーティーに参加してより良い相手を探しているうちに、理想が高くなりすぎてうまくいかなくなることがあります。

 

会場の雰囲気が合わなくて疲れてしまう

別名『お見合いパーティー』と言われているものの、実際お見合いとは全然違うシステムで会場内では慌しく席を回ったり、好みの人の席を取り合ったり、名札を確認して一人ずつ印象をメモ書きしたりと休む暇がありません。

交流会のようにまったりと食事をしながら、会話を楽しんで好みの人を探せるところもありますが、大半の会場ではバタバタしないといけないのでパーティーやにぎやかでワイワイした会場が苦手なかたには向いてないかもしれません。

にぎやかな雰囲気が苦手な人は、会場で孤立するかも?

大人数の婚活パーティーに参加したものの積極的になれず孤立してしまったり、浮いてしまったりすることがあります。

とくににぎやか場所が苦手な人はどちらかといえばおすすめできません。1人対1人のお見合い形式のパーティーもありますが、それでも会話時間が限られているので、前向きに結婚を考えているなら初心者でもマイペースで婚活ができる仲人紹介所などがおすすめです。

 

相手の印象確認をする時間が短すぎる

婚活パーティーは1回の開催で少なくとも男女20名くらいの参加があります。

開催時間は平均1時間半~2時間程度なので、一人づつルーレット方式で会話をしていくと一人あたりの会話ができる時間は約3分程度しかなく容姿と雰囲気とプロフィールなど第一印象にもならないような状態でカップリングしたい相手を決めないといけません。

たしかにタイプの人がいれば、良いと思いますがカップリング後に思っていたような人とはちょっと違ったりと違和感を感じてしまうことが多いです。

カップリングに選ばれなかったら疲れ倍増

婚活パーティーはワイワイとしたにぎやかな雰囲気のなかでたくさんの人と会話をするので結構体力を使いますし、終了後はとても疲れます。

見事カップル成立すれば、成功だと思いますが。選ばれないことも多いのでもしカップリングになれなかったら疲れ果てて嫌になってしまうのでマイペースで参加しましょう。

 

イケメン・美女!容姿が良い人ばかりに人気が集まる

婚活パーティーは投票制です。だれでも好みのタイプの人や、カップリングになりたい人に自由にアプローチできるため、イケメンや美女・容姿(ルックス)が良い人にばかり人気が集中しがちです。

会話時間が短いこともあり、印象確認の判断材料が少ないため一定のモテそうな人に人気が偏りがちです。

婚活パーティー後、続かないことも多い

婚活パーティーのカップリングは容姿や第一印象で決まる場合が多いので、カップルの相性はパーティー終了後のデートで知っていく必要があります。

そのため何回かデートや食事をしたら思っていた印象や価値観に違いを感じたので続かなかったという失敗例も多いです。

カップリング後に付き合うには時間がかかることもあるので焦らずにいきましょう。

婚活パーティーに向いていない私が、1年後に結婚できた理由

私はいままで10回も婚活パーティーに参加しましたが、どれだけ頑張ってもうまくいかなくて、やっぱり向いていないことが分かり最後には参加することすら辛いと思うようになり婚活失敗しかけていました。

でもそれでも私は、諦めかけていたときから1年後に見事結婚することができたんです!その理由をご紹介したいと思います。

婚活パーティーは常連化する前にやめた

婚活パーティーは何回も行けばいくほど大勢の人と出会うため、出会いのチャンスが多すぎて私自身にとってどんな相手が相性が良いのか?どんな人と出会いたいのか?という感覚がマヒしてくる場合があります。

特に毎週・毎月定期的に参加するような常連になってしまうと、出会いの喜びすら忘れてしまいますので、なかなか出会えないと気づいたら一旦休憩して、他の婚活を考えてみることがおすすめです。

 

婚活パーティーよりも、マイペースで出会えるところを探した

最近のアラサー女子の間では、婚活パーティーでうまくいかないときは、結婚相談所に入会する流れがセオリーになっているようですが、値段も敷居も高いので私はちょっと抵抗がありました。

そこで婚活パーティーと比較して結婚願望がある人が多く、比較的に安価で参加できて結婚相談所のような堅苦しいところじゃないところってあるのかどうかを調べた結果、私は比較的カジュアルなお見合いカウンターの『ゼクシイ縁結び』に入会することにしました。

 

▼▼公式サイトはこちらから▼▼

ゼクシィ縁結びカウンター
ゼクシィ縁結びカウンター

 

結婚相談所と比べて1/4程度の安価でしたし、婚活パーティーよりも計画的で真面目な出会いができましたので、将来的に結婚を考えている私にとってはとても魅力的だったのです。

ちなみにこの選択が後に結婚相手との出会いを果たして、1年後には結婚にまで至ることができた理由なんです。